ヤマダ電機 ワイマックス

ワイマックスはヤマダで買うな!ワイマックス購入先ランキング

 

>>【当サイトおすすめ】キャッシュバック12500円。さらに初期費用一切不要!GMOのワイマックス

 

ヤマダ電機でワイマックスを購入予定の方、ちょっと待ってください^^
同じ「ワイマックス」でも、色んな会社のブランドで提供されていますよね。
ヤマダ電機ワイマックス、だったり、楽天ワイマックス、BIGLOBEワイマックス、など色々な企業がワイマックスを提供しています。

 

同じワイマックスなので、どこで購入しても同じなの!?と思いがちですが、
ヤマダ電機とは違う代理店で購入するだけでかなりお得な特典をゲットすることが出来ます。
購入先(プロバイダ)によって、異なるのは以下の3点です。

 

キャッシュバック特典が違う!

ヤマダ電機でワイマックスを購入すると、Everypadというタブレット(16GB)をゲットできます。
ただ、こちらはあまり嬉しくありません。
本体価格は2万円らしいですが、中国製で容量がすぐ満タンになってしまい、
アプリなども幾つかインストールするとすぐ使えなくなってしまいます。iPadやNEXUSと比べても同じ容量でも差は歴然としています。
一方で、一部のネット代理店の場合は、自社でワイマックスを頼んでくれたら、キャッシュバックをしてもらえる場合が多いみたいです。
大体、相場は1万円前後。

 

■キャッシュバック比較
GMO 12,500円
Nifty 11,900円
BIGLOBE 5,000円
ヤマダ電機 EveryPadプレゼント
楽天 3カ月0円 ※他社も1か月無料なので、実質およそ7000円キャッシュバック

 

 

初期費用が違う!

ワイマックスの端末機器代金が0円だったり、端末が届いた月が0円の場合は多いですが、
中には、事務手数料3000円を無料にしてくれる代理店もあります。
月額料金が同じであれば、初期費用が安い代理店でワイマックスを購入するのが賢いやり方です。

 

■初期費用比較
通常3000円
GMO 0円

 

月額料金が違う!

月額料金はほとんどどこの会社で購入しても同じですが、細かく見てみると、

 

■月額料金比較 ※税抜
GMO 3619円
Nifty 3620円
BIGLOBE 3620円
楽天 3,696円
ヤマダ電機 3696円

 

以上を参考にして、総合ランキングを紹介します!

 

ワイマックスランキング

 

GMOインターネットグループ(東証一部)


初期費用0円、キャッシュバック12500円。月額料金は3619円。初期費用にかかるwimax事務手数料3000円をGMO負担で、ユーザーは支払わなくても良いのはGMOのみ。キャッシュバック金額も僅差ではあるがトップの1万2000円。もちろん端末0円、auスマホユーザーはさらにお得、だったりするサービスは他社と同じ。GMOグループは、インターネット業界でも信頼が厚く、力のある企業なので安心して申し込める。プロバイダ名は「とくとくBB」

Nifty株式会社(東証二部)


初期費用3000円、キャッシュバック11900円。月額料金は3620円有線インターネット(フレッツ光やau光など)のプロバイダとしても活躍しているニフティの提供。キャッシュバック金額はGMOとほぼ同じ11,900円とトップクラス。初期費用3000円がかかってしまうので、GMOよりはお得度に欠けるが、サービス内容、企業の信頼性などは、GMOグループと比べてもそん色ない。

ビッグローブ株式会社


初期費用3000円、キャッシュバック5000円。さらにキンドル、プレゼント。月額料金は3620円。電子書籍端末、キンドルが欲しい人にとってはおすすめかもしれない。ビッグローブはもともとNEC系列のインターネットプロバイダ。会社の信頼性もあるのでこちら経由で申込んでも問題ないだろう。

 

 

EvryPadという、ヤマダ電機独自のタブレットをキャンペーンとしてもらえるが、本当に16GBも入ってるの!?
と疑いたくなるくらい、データ容量が入らない。
こちらのブログにデータが入らない理由が書いてるが詳細は不明。
初期費用も3000円かかってしまうので、キャッシュバックで現金をもらった方がお得なのではないかと思い、
上記3社でワイマックスを申込んだ方がおとくだろう。
基本的には家電量販店なので、詳しい担当者が休みの場合は質問できなかったり、アフターフォローも不便。。
無理にヤマダ電機で購入する必要はない。